脱毛コラム

毛抜き以外のムダ毛処理方法でも埋没毛になることがある?


「カミソリ」


ムダ毛を自己処理している方によくあるのですが、ホクロかなと思って気にしていなかったものが、かゆくなってきたり先端が白っぽく腫れてきたりすることがあります。良くみたら皮膚の下に毛が伸びてまるまっている!なんてことになってしまっていた。これが埋没毛です。


埋没毛は、放っておいても自然に消滅することもありますが最悪、色素沈着を起こしたり、ニキビに似た形状の毛嚢炎になってしまうことがありますから要注意です。そもそも埋没毛はムダ毛の自己処理をする場合に多いといわれています。


なかでも「カミソリ」によるムダ毛処理は、皮膚の表面に出ている体毛を切ることで毛を見えなくするのが目的。その際カミソリの刃は皮膚までこそげ落としているのです。深剃り、逆剃りに加え何度も同じ個所をカミソリの刃でこすれば、皮膚そのものを傷つけているのと同じです。


傷ついた皮膚を守ろうとして角質層が分厚くなって、表面に出てくるはずの体毛は皮膚が分厚く固いため出てこられず、皮膚の下で成長してしまうのです。


カミソリでムダ毛処理する場合は、その箇所の皮膚を温めて柔らかくしておくことと、カミソリがスムーズに動くようシェービング剤を塗ること、古いカミソリをいつまでも使用しないこと、逆剃りは極力控えることです。


そして一番大切なので、処理後の保湿です。ムダ毛処理後の肌はバイ菌が入りやすく敏感になっています。かならずしっかりと保湿してください。


埋没毛になりやすいムダ毛処理は「毛抜き」


埋没毛になりやすい自己処理で、毛抜きによるムダ毛処理は特に埋没毛の原因になりやすいです。特に毛の流れに逆らって無理やり抜くのは、毛穴を傷つけていることになります。


毛の生え方がまちまちの場所の処理をする時は、このようなことが起こりがちです。特にワキなどは、毛の生え方が揃っていません。毛抜きで抜くとき一本一本生え方を確認して抜いている方は少ないのではないでしょうか。


ワキのムダ毛を毛抜きで処理するには、かなりの根気と時間が必要となります。両腕も疲れますし、無理な体制での作業ですから早く終わらせたいため逆方向に毛を抜いて切れてしまうことも多いです。


なので、埋没毛がワキに多くできやすいようです。毛抜きやカミソリでワキのムダ毛処理をしている方なら経験している方が多いのではないでしょうか。


正しいやり方で処理すれば、埋没毛が発生する可能性は低くなりますが、それでも1個もできないというわけではありません。埋没毛はザラザラしてサメ肌のようで見た目にも悪いです。せっかく除毛したのに隠したくなるような肌になってしまうの残念です。


基本的に毛抜きでムダ毛処理するのは止めた方がいいですね。気になる何本かだけのムダ毛を細心の注意をはらって抜くというぐらいがいいかもしれません。


埋没毛になりやすいムダ毛処理は「ワックス」


ワックスでのムダ毛処理も多くの人に利用されています。特にデリケートゾーンのムダ毛処理に多く使われているようで、短時間で処理できるのが人気の秘密です。


特にブラジリアンワックスは、VIOのムダ毛処理をしたい女性に多く使われています。カミソリなどと異なり、処理が不要な期間が長く、約6週間も処理不要となります。ですから夏だけというような期間限定でワックス脱毛を行っている女性が多いといわれます。


広い面積を一気に処理することができ、毛抜きで抜くより短時間で追われます。レーザーなどより安くできますし、毛根から引き抜くため、カミソリや電気シェーバーより仕上がりがキレイです。


しかしワックス脱毛は永久脱毛ではないので、再びムダ毛は生えてきます。塗って毛を無理やり引っこ抜くので、とても痛くて少々つらい。さらにお肌への負担が大きく出欠や毛穴の炎症もあり、埋没毛の危険性も高いです。


使い方が難しいので、慣れるまでは時間がかかり、毛の生えていない皮膚まで剥がしてしまう恐れがあるためサロンのように短時間で完了とはいきません。
ですから、何度かサロンに通って正しいやり方を覚えてから自宅で行うことをお勧めします。


関連記事

家庭用脱毛器を有効に使うには?保湿と脱毛の関係についても
埋没毛の主な原因と対処方法
ムダ毛処理で毛嚢炎(もうのうえん)に?治療方法は?
乾燥肌・アトピー肌など肌が弱くても脱毛サロンに通える?
脱毛サロンの光脱毛で顔の脱毛すると美肌にもなれる?




札幌でオススメの脱毛サロン

 

札幌脱毛コラム

 

脱毛コラム